まだまだお喋りが上手ではないぬすこの、優しい一面…?


2歳後半に入ってから、一人遊びにも色々なバリエーションが出てきました。
自分の中で物語が始まっておもちゃにアテレコしてたり、今回のようにぬいぐるみを相手に見立てて一緒に遊んだりもしています。


この日は突然ぬいぐるみ相手に絵本を読み始め…といっても、
文字は読めないので自分がわかる絵をぬいぐるみに教えてあげていました。優しすぎて泣ける。
そして終わった途端のツンデレのツンが過ぎるがな('ω')


1分にも満たない時間内での出来事で、ママンは目を疑いましたよ。
やはり2才児、長くは続かないものですね!!!